大阪大学大学院 工学研究科 機械工学専攻 統合設計学系 ナノ加工計測学領域

2020

  • 上野原努, 水谷康弘, 高谷裕浩: フォトニックナノジェットを用いたレーザ微細加工に関する研究 (第1報) フォトニックナノジェットの基本的加工特性, 精密工学会誌, 86巻, 1号, pp. 113-119, (2020)
 

2019

  • Shigeru Takushima, Daiji Morita, Nobuhiro Shinohara, Hiroyuki Kawano, Yasuhiro Mizutani, Yasuhiro Takaya: Optical in-process height monitoring measurement system for in-process control of laser metal-wire deposition, Precision Engineering, Vol. 62, pp. 23-29, (2019)
  • Tsutomu Uenohara, Yasuhiro Mizutani, Yasuhiro Takaya: Comparison of intensity distribution of photonic nanojet according to Gaussian beam and radially polarization beam incidence, Precision Engineering, Vol. 60, pp. 274-279, (2019)
  • 松本宏平, 水谷康弘, 高谷裕浩: レーザ励起蛍光による工具刃先形状の機上計測に関する研究 (水溶性切削液への適用性の検討), 機械学会論文集, 85巻, 880号, pp. 19-00238, (2019)
  • 中西弘樹, 篠崎充, 水谷康弘, 高谷裕浩: タルボット効果による多重露光リソグラフィを用いた3 次元ナノ周期構造の作製, 精密工学会誌, 85巻, 8号, pp. 710-716, (2019)
  • Masatomo Yamagiwa, Takeo Minamikawa, Fui Minamiji, Takahiko Mizuno, Yu Tokizane, Ryo Oe, Hidenori Koresawa, Yasuhiro Mizutani, Tetsuo Iwata, Hirotsugu Yamamoto, and Takeshi Yasui: Visualization of internal structure and internal stress in visibly opaque objects using full-field phase-shifting terahertz digital holography, Opt. Express, Vol. 27, No. 27, pp. 33854-33868, (2019)
  • Ryo Oe, Takeo Minamikawa, Shuji Taue, Hidenori Koresawa, Takahiko Mizuno, Masatomo Yamagiwa, Yasuhiro Mizutani, Hirotsugu Yamamoto, Tetsuo Iwata, and Takeshi Yasui: Refractive index sensing with temperature compensation by a multimode-interference fiber-based optical frequency comb sensing cavity, Optics Express, Vol. 27, No. 15, pp. 21463-21476, (2019)
  • Hidenori Koresawa, Kyuki Shibuya, Takeo Minamikawa, Akifumi Asahara, Ryo Oe, Takahiko Mizuno, Masatomo Yamagiwa, Yasuhiro Mizutani, Tetsuo Iwata, Hirotsugu Yamamoto, Kaoru Minoshima, Takeshi Yasui: Lock-in-detection dual-comb spectroscopy, OSA Continuum, Vol. 2, No. 6, pp. 1998-2007, (2019)
  • Ryo Oe Takeo Minamikawa, Shuji Taue, Takuya Nakahara, Hidenori Koresawa, Takahiko Mizuno, Masatomo Yamagiwa, Yasuhiro Mizutani, Hirotsugu Yamamoto, Tetsuo Iwata: Improvement of dynamic range and repeatability in a refractive-index-sensing optical comb by combining saturable-absorber-mirror mode-locking with an intracavity multimode interference fiber sensor, Jpn. J. Appl. Phys., Vol. 58, pp. 60912, (2019)
  • Takeo Minamikawa, Takashi Masuoka, Takashi Ogura, Kyuki Shibuya, Ryo Oe, Eiji Hase, Yoshiaki Nakajima, Yoshihisa Yamaoka, Takahiko Mizuno, Masatomo Yamagiwa, Yasuhiro Mizutani, Hirotsugu Yamamoto, Tetsuo Iwata, Kaoru Minoshima, and Takeshi Yasui: Ultrasonic wave sensing using optical-frequency-comb sensing cavity for photoacoustic imaging, OSA Continuum, Vol. 2, No. 2, pp. 439-449, (2019)
  • Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Shuji Miyamoto, Yasuhiro Mizutani, Tetsuo Iwata, Hirotsugu Yamamoto, and Takeshi Yasui: Application of Scan-less Two-Dimensional Confocal Microscopy Based on a Combination of Confocal Slit With Wavelength/Space Conversion, IEEE Journal of Selected Topics in Quantum Electronics, Vol. 25, No. 1, pp. 1-7, (2019)
 

2018

  • Masaki Michihata, Jonggang Kim, Satoru Takahashi, Kiyoshi Takamasu, Yasuhiro Mizutani, Yasuhiro Takaya: Surface Imaging Technique by an Optically Trapped Microsphere in Air Condition, Nanomanufacturing and Metrology, Vol.1, Issue 1, pp. 32-38, (2018)
  • Takeo Minamikawa, Yasuhiro Mizutani, Hirotsugu Yamamoto, Kaoru Minoshima and Takeshi Yasui: Strain sensing based on strain to radio-frequency conversion of optical frequency comb, Opt. Express, Vol. 26, No. 8, pp. 9484-9491, (2018)
  • Masatomo Yamagiwa, Takeo Minamikawa, Clément Trovato, Takayuki Ogawa, Dahi Ghareab Abdelsalam Ibrahim, Yusuke Kawahito, Ryo Oe, Kyuki Shibuya, Takahiko Mizuno, Emmanuel Abraham, Yasuhiro Mizutani, Tetsuo Iwata, Hirotsugu Yamamoto, Kaoru Minoshima, and Takeshi Yasui: Multicascade-linked synthetic wavelength digital holography using an optical-comb-referenced frequency synthesizer, Opt. Express, Vol. 26, No. 20, pp. 26292-26306, (2018)
 

2017

  • Yasuhiro Mizutani, Takayuki Higuchi, Tetsuo Iwata, Yasuhiro Takaya: Time-Resolved Oblique Incident Interferometry for Vibration Analysis of an Ultrasonic Motor, Int. J. of Automation Technology,Vol. 11, No. 5, pp. 800-805, (2017)
  • Tsutomu Uenohara, Yasuhiro Takaya, Yasuhiro Mizutani: Laser micro machining beyond the diffraction limit using a photonic nanojet, CIRP Annals - Manufacturing Technology, Volume 66, Issue 1, pp491-494, (2017).
 

2016

  • Yasuhiro Takaya, Kenji Maruno, Masaki Michihata and Yasuhiro Mizutani: Measurement of a tool wear profile using confocal fluorescence microscopy of the cutting fluid layer, CIRP Annals Manufacturing Technology 65, pp.467-470 (2016)
  • Kenji Maruno, Masaki Michihata, Yasuhiro Mizutani and Yasuhiro Takaya: Fundamental Study on Novel On-Machine Measurement, Method of a Cutting Tool Edge Profile with a Fluorescent Confocal Microscopy, IntJ. of Automation Technology, Vol.10, No.1, pp.106-113 (2016).
  • Sho Onose, Masashi Takahashi, Hirotsugu Yamamoto, Yasuhiro Mizutani, Takeshi Yasui, Single Pixel Imaging with a High-Frame-Rate LED Digital Signage, IDW (2016).
  • Nabila Makhtar, Quang Duc Pham, Yasuhiro Mizutani, Yoshio Hayasaki: Optical frequency comb profilometry based on a single-pixel phase imaging, Proc. SPIE, 9960, pp.1-6, San Diego, USA (2016).
  • Yi-Da Hsieh, Shota Nakamura, Ghareab Dahi Abdelsalam, Takeo Minamikawa, Yasuhiro Mizutani, Hirotsugu Yamamoto, Tetsuo Iwata, Francis Hindle and Takeshi Yasui,"Dynamic terahertz spectroscopy of gas molecules mixed with unwanted aerosol under atmospheric pressure using fibre-based asynchronous-optical-sampling terahertz time-domain spectroscopy",Scientific Reports, Vol.6, p.28114, (2016).
  • 宮本 周治, 長谷 栄治, 南川 丈夫, 謝 宜達, 水谷 康弘, 岩田 哲郎, 安井 武史, 山本 裕紹, "スリット共焦点と波長/空間変換を用いたスキャンレス・フルフィールド共焦点顕微鏡",精密工学会誌, Vol.82, No.7, 679--682頁, (2016).
  • 岩田哲郎, 米井一平, 水谷康弘: 位相差制御方式進行波型超音波モータの恒温駆動, 精密工学会誌, 82, 3, pp. 180-185, 2016.
  • Takeo Minamikawa, Kenta Hayashi, Tatsuya Mizuguchi, Yi-Da Hsieh, Dahi Ghareab Abdelsalam, Yasuhiro Mizutani, Hirotsugu Yamamoto, Tetsuo Iwata, Takeshi Yasui: Real-Time Determination of Absolute Frequency in Continuous-Wave Terahertz Radiation with a Photocarrier Terahertz Frequency Comb Induced by an Unstabilized Femtosecond Laser, J. Infrared Milli Terahz Waves, 37, 1, pp. 1-13, 2016.
  • Yi-Da Hsieh, Hiroto Kimura, Kenta Hayashi, Takeo Minamikawa, Yasuhiro Mizutani, Hirotsugu Yamamoto, Tetsuo Iwata, Hajime Inaba, Kaoru Minoshima, Francis Hindle, Takeshi Yasui: Terahertz Frequency-Domain Spectroscopy of Low-Pressure Acetonitrile Gas by a Photomixing Terahertz Synthesizer Referenced to Dual Optical Frequency Combs, J. Infrared Milli Terahz Waves, 2016.
  • Naoya Takia, Yasuhiro Mizutani, Tetsuo Iwata, Takao Kojima, Hiroki Yamamoto, Takahiro Kozawa: Optical trapping of nanoparticles on a silicon subwavelength grating and their detection by an ellipsometric technique, International Journal of Optomechatronics, 10, 1, 24, 2016.

 

2015

  • Shin-ichi Ueda, Masaki Michihata, Terutake Hayashi, and Yasuhiro Takaya: WIDE-RANGE AXIAL POSITION MEASUREMENT FOR JUMPING BEHAVIOR OF OPTICALLY TRAPPED MICROSPHERE NEAR SURFACE USING CHROMATIC CONFOCAL SENSOR , International Journal of Optomechatronics, 9, pp131-140 (2015)
  • Ryota Murai, Yasuhiro Takaya, Terutake Hayashi, Masaki Michihata: Study on chemical interaction analysis of reactive fullerenol molecules in Cu-CMP using high-sensitive Raman spectrometry, Key engineering materials, vol.625, pp.332-338 (2015)

 

2014

  • 村井亮太,高谷裕浩,林照剛,道畑正岐,小松直樹: ポリグリセロール修飾ナノダイヤモンドを用いた銅膜の平坦化加工に関する研究,砥粒加工学会誌, vol.58, no.2, pp. 97-102 (2014)
  • 石崎佑樹,林照剛,道畑正岐,高谷裕浩: 蛍光偏光法を用いたナノ粒子粒径計測に関する研究(第1報)−蛍光DNAプローブを用いた回転拡散係数測定システムの開発−, 精密工学会誌, vol.80, no.2, pp.214-219 (2014)
  • 道畑正岐,林照剛,高谷裕浩: 表面微細構造基板を用いた大気中レーザトラッピング技術, 精密工学会誌, vol.80, no.4, pp.382-387 (2014)
  • Masaki Michihata, Ayano Fukui, Terutake Hayashi, Yasuhiro Takaya: Sensing a vertical surface by measuring a fluorescence signal using a confocal optical system, Measurement science and technology, vol.25, issue 6 (2014) 064004
  • Yasuhiro Takaya: In-process and on-machine measurement of machining accuracy for process and product quality management: A review, International Journal of Automation Technology, vol. 8, no.1, pp.4-19 (2014)
  • Masaki Michihata, Terutake Hayashi, Atsushi Adachi, Yasuhiro Takaya: Measurement of stylus-probe sphere diameter for micro-CMM based on spectral fingerprint of whispering gallery mode, CIRP Annals - Manufacturing Technology, vol.63, no.1, pp.469-472 (2014)
  • Masaki Michihata, Kosuke Takami, Terutake Hayashi and Yasuhiro Takaya: Fundamental validation for surface texture imaging using a microsphere as a laser-trapping-based microprobe, Advances in Optical Technologies,Volume 3, Issue 4, pp.417-423 (2014)
  • Ryota Murai,Yasuhiro Takaya,Terutake Hayashi and Masaki Michihata: Study on chemical interaction analysis of reactive fullerenol molecules in CU-CMP using high-sensitive Raman spectroscopy, Key Engineering Materials, Vol.625, pp332-338 (2014)
  • Terutake Hayashi, Yuki Ishizaki, Masaki Michihata, Yasuhiro Takaya, Shin-Ichi Tanaka: Nanoparticle sizing method based on fluorescence anisotropy analysis, Measurement, 59, pp382-388 (2014)
  • Masaki MICHIHATA, Phong TRAN DANG, Terutake HAYASHI and Yasuhiro TAKAYA: Fundamental study for measuring microflow with Michelson interferometer enhanced by external random signal, Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Mnufacturing, Vol.8, No.4, pp.1-11 (2014)

 

2013

  • Masaki Michihata, Tadaaki Yoshikane, Terutake Hayashi, Yasuhiro Takaya: New technique for single-beam gradient-force optical trapping in air, International Journal of Optomechatronics, Vol.7 Issue 1, pp.46-59 (2013)
  • Yasuhiro Takaya, Masaki Michihata, Terutake Hayashi, Ryota Murai, Kazumasa Kano: Surface analysis of the chemical polishing process using a fullerenol slurry by Raman spectroscopy under surface plasmon excitation, CIRP Annals -Manufacturing Technology-, 62/1, pp.571–574 (2013)

 

2019

  • Congxiang Zhang, Yasuhiro Mizutani, Yasuhiro Takaya: 3D surface measurement for tens-nanometers-scale groove using entanglement photons, ASPEN2019, C000292, Shimane, Japan, Nov. 2019.
  • Ryu Ezaki, Yasuhiro Mizutani, Yoshihiko Makiura, Hiroshi Yokota, Yasujiro Takaya: Fabrication of Three Dimensional High Aspect Ratio Structure by Talbot Lithography , ASPEN2019, A00259, Shimane, Japan, Nov. 2019.
  • Shunsuke Namikawa, Yasuhiro Mizutani, Genichiro Hagiwara, Satoshi Kawarabata, Yasuhiro Takaya: Measurement of microcrack on machined glass surface based on Fourier analysis of laser backscattering pattern, ASPEN2019, C000289, Shimane, Japan, Nov. 2019.
  • [Invited] Yasuhiro Mizuatni, Hiroki Taguchi, Yasuhiro Takaya: High-speed ghost imaging, ISOT 2019, IT-3, Shimane, Japan, Nov. 2019.
  • [Invited] Yasuhiro Mizutani, Yasuhiro Takaya: High-speed single pixel imaging with deep learning, OIT2019, OIT100-75, Beijing, China, Nov. 2019.
  • Tsutomu Uenohara, Yasuhiro Mizutani, Yasuhiro Takaya: Laser micro machining using a photonic nanojet controlled by intensity distribution of incident laser, ISMTII 2019, Paper ID 88, Niigata, Japan, Sep. 2019.
  • Takushima, Yasuhiro Mizutani, Yasuhiro Takaya: In-process height monitoring system by light section method for laser metal-wire deposition, ISMTII 2019, Paper ID 80, Niigata, Japan, Sep. 2019.
  • Kohei Matsumoto, Yasuhiro Mizutani, Yasuhiro Takaya: On-machine measurement of tool edge shape by detecting fluorescence of water-soluble cutting fluid, ISMTII 2019, Paper ID 89, Niigata, Japan, Sep. 2019.
  • Hroki Nakanishi, Yasuhiro Mizutani, Yasuhiro Takaya: Shape control of nano periodic structure using hologram-assisted Talbot lithography , ISMTII 2019, Paper ID 94, Niigata, Japan, Sep. 2019.
  • [Invited] Yasuhiro Mizutani, Hiroki Taguchi, Otoki Yagi, Yasuhiiro Takaya: Computational Ghost Imaging wtih deep learning, 6th International Conference on Instrumentation, Control, and Automation 2019, 22, Bandung, Indonesia, Aug. 2019.
  • Reza Aulia Rahman, Tsutomu Uenohara, Yasuhiro Mizutani, Yasuhiro Takaya: In-Liquid Laser Nanomachining by Photonic Nanojet in Optical Tweezers Configuration, ISMQC 2019, 318-328, Belgrade, Republic of Serbia, Jun. 2019.
  • [Invited] Yasuhiro Mizutani, Otoki Yagi, Yasuhiro Takaya: High-speed ghost imaging with deep learning, OPTM 2019, OPTM-4-01, Yokohama, Japan, Apr. 2019.
  • Hiroki Nakanishi, Yasuhiro Mizutani, Yasuhiro Takaya: Fabrication of three dimensional nano-periodic structure by the Talbot lithography using multiple exposure, OPTM 2019, OPTM-8-04, Yokohama, Japan, Apr. 2019.
 

2018

  • Fumitake Yano, Yasuhiro Mizutani, Yasuhiro Takaya: Fundamental study on entangled photon probe for quantum optical metrology, 17 th International Conference on Presicion Engineering, D-1-1, Kamakura, Japan, Nov. 2018.
  • Ippei Takahashi, Yasuhiro Mizutani, Yasuhiro Takaya: Fundamental Study on Surface T opography Measurement with Wideband Spatial Frequency using Scattered Light Spectroscopy -Construction of Broadband Optical frequency Comb -, ISOT 2018, OT_1_2, Cancun, Mexico, Nov. 2018.
  • Yasuhiro Mizutani, Hiroki Taguchi, Yasuhiro Takaya: First photon ghost imaging by single photon counting, ISOT 2018, OW_1_3, Cancun, MExico, Nov. 2018.
  • Yasuhiro Mizutani, Hiroyuki Fujita, Yasuhiro Takaya:  Surface rougness detection by Spin Hall effect of light with sub-nanometer resolution, XXII IMEKO World Congress, IMEKO18-OR-165, Belfast, Northern Ireland, Sep. 2018.
  • Tsutomu Uenohara, Yasuhiro Takaya and Yasuhiro Mizutani: Laser micro machining using a photonic nanojet controlled by incident wavelength, euspen’s 18th International Conference & Exhibition, P1.25, Venice, Italy, Jun. 2018.
 

2017

  • Hiroki Taguchi,Yasuhiro Mizutani,Yasuhiro Takaya: First Photon Detection Ghost Imaging,OSA Imaging and Applied Optics Congress,2723771,Hyatt Regency, San Francisco, California, USA, 29 June 2017.
  • Tsutomu Uenohara, Yasuhiro Takaya, Yasuhiro Mizutani: Laser micro machining beyond the diffraction limit using a photonic nanojet, CIRP2017, P6, Lugano Swizerland, 22 August 2017.
 

2016

  • [Invited] Yasuhiro Mizutani, Kyuki Shibuya, Hiroki Taguchi, Tetsuo Iwata, Yasuhiro Takuya: Single-pixel imaging by Hadamard transform and ghost imaging and its application for hyperspectral imaging, Proc. of SPIE Vol. 10021, 10021-8, China, 12 October 2016.
  • Yasuhiro Takaya: Metrology, Industrial Measurement, Optical/Photonic Measurement: Advanced Manufacturing as the Foundation for a Successful Society – Challenges and Opportunities for Advanced-industrialization of Serbia / Horizon 2020/2030 - INDUSTRY 4.0.0 Serbian Program (AMP), Belgrade, SERBIA, May 31 - June 2, 2016
  • Yasuhiro TAKAYA, Masafumi ASAHI, and Yasuhiro Mizutani: HYBRID SERS ANALYSIS OF REACTIVE NANOPARTICLES, 2016 International Symposium on Flexible Automatio(ISFA), Cleveland, Ohio, U.S.A., August 1- 3, 2016
  • Sho Onose, Masashi Takahashi, Hirotsugu Yamamoto, Yasuhiro Mizutani, Takeshi Yasui, Single Pixel Imaging with a High-Frame-Rate LED Digital Signage, IDW2016.
  • Nabila Makhtar, Quang Duc Pham, Yasuhiro Mizutani, Yoshio Hayasaki: Optical frequency comb profilometry based on a single-pixel phase imaging, Proc. SPIE, 9960, pp.1-6, San Diego, USA, 2016.
  • Yuki Yamaguchi, Masaki Michihata, Yasuhiro Mizutani, and Yasuhiro Takaya: Hybrid probing technique for coordinate measurement with optically trapped micro sphere, Proc. SPIE, 10023, 42, Beijing, China, 2016.
  • Mitsuru Shinozaki, Yasuhiro Mizutani, Yasuhiro Takaya: Fabrication of Morpho like structure using Talbot effect, International Symposium on Optomechatronic Technology (ISOT) 2016, B6-4, Tokyo, Japan, 2016.
  • Tsutomu Uenohara, Yasuhiro Takaya, and Yasuhiro Mizutani: Laser micro processing by position control of a photonic nanojet, International Symposium on Optomechatronic Technology (ISOT) 2016, B1-4, Tokyo, Japan, 2016.
  • [Invited] Yasuhiro Mizutani, Yasuhior Takaya, Yukitoshi Otani: Ghost imaging ellipsometry, International Symposium on Optomechatronic Technology (ISOT) 2016, SS2-4-1-SS2-4-2, Tokyo, Japan, 2016.
  • Yasuhiro Mizutani, Kazunori Ueda, Yasuhiro Takaya: Spin Hall effect of light applied in optical linear scale, Proc. SPIE, 10023, 23, Beijing, China, 2016.
  • [Invited] Yasuhiro Mizutani, International Symposium on Optical Memory 2016, Tu-H-02, Kyoto, Japan, 2016.
  • [Invited] Yasuhiro Mizutani, Hiroki Taguchi, Yasuhiro Takaya: Single-pixel imaging by Hadamard transform and ghost imaging and its application for hyperspectral imaging, Proc. SPIE, 10021, 8, Beijing, China, 2016.
 

2015

  • Masaki Michihata, Akifumi Kawasaki, Atsushi Adachi and Yasuhiro Takaya: Diameter measurement of micro-sphere based on analysis of two wavelength ranges of whispering gallery modes, Proc. the 38th International MATADOR Conference, Taiwan, March 28-30, 2015
  • T. Uenohara, Y. Takaya, M. Michihata: Laser micro machining using photonic nanojets, Proc. the 38th International MATADOR Conference, Taiwan, March 28-30, 2015
  • Jonggang Kim, Masaki Michihata and Yasuhiro Takaya: Experimental study on measurement the surface topography by laser trapping probe, Proc. The 6th International Conference of Asian Society for Precision Engineering and Nanotechnology (ASPEN), Harbin, China, August 15-20, 2015
  • Yasuhiro Takaya, Masaki Michihata, Shinichi Ueda: Optically trapped microprobe for nano-profile measurement based on interpolation method of standing wave scale using chromatic system, XXI IMEKO World Congress “Measurement in Research and Industry”, Prague, Czech Republic, August 30 −September 4, 2015
  • Akifumi Kawasaki, Masaki Michihata, Atsushi Adachi, and Yasuhiro Takaya: Accurate diameter measurement of microsphere based on analysis for polarization of whispering gallery mode resonance, ISMTII, 2015
  • Kenji Maruno, Masaki Michihata, Yasuhiro Mizutani, and Yasuhiro Takaya: On-Machine Measurement of Cutting Tool Edge Profile by Detecting Fluorescence from Cutting Fluid, Proc. International Symposium on Optomechatronic Technologies (ISOT), 2015
  • Yasuhiro Mizutani, Kyuki Shibuya, Yoshihiko Makiura, Hiroki Maruoka, Tetsuo Iwata, and Yasuhiro Takaya: Fluorescence microscope by using computational ghost imaging, Proc. International Symposium on Optomechatronic Technologies (ISOT), 2015
  • Masafumi ASAHI, Yasuhiro TAKAYA, and Masaki MICHIHATA: Analysis of chemical reaction in Cu-CMP with reactive nanoparticles based on Raman spectra enhanced by surface plasmon, LEM21, 2015
 

2014

  • Terutake Hayashi, Yusuke Fukuta, Masaki Michihata, Yasuhiro Takaya: Study on surface processing using femto pulse train beam -Processing by using double pulse train beam-, Proc. International conference on precision engineering (ICPE), pp.686-689, Kanazawa, Japan, July 23-25, 2014
  • Masaki Michihata, Terutake Hayashi, Atsushi Adachi, Yasuhiro Takaya: Diameter measurement of stylus-probe sphere for micro-CMM based on whispering gallery mode spectral fingerprint, CIRP General assembly, Nantes, France, 24 - 30 August 2014(原稿なし)
  • Terutake HAYASHI, Yuki ISHIZAKI, Masaki MICHIHATA, Yasuhiro TAKAYA, and Shin-Ichi TANAKA: STUDY ON NANOPARTICLE SIZING USING FLUORESCENT POLARIZATION METHOD WITH DNA FLUORESCENT PROBE, Proc.11th Laser Metrology for Precision Measurement and Inspection in Industry (LMPMI), Tsukuba, Japan, September 02-05, 2014
  • Masaki MICHIHATA, Ayano FUKUI, Kenji MARUNO, Terutake HAYASHI, Yasuhiro TAKAYA: FLUORESCENCE SIGNAL DETECTION FOR OPTICAL MICRO-THREE DIMENTIONAL MEASUEMENT BASED ON CONFOCAL MICROSCOPY, Proc.11th Laser Metrology for Precision Measurement and Inspection in Industry (LMPMI), Tsukuba, Japan, September 02-05, 2014
  • Shin-ichi Ueda, Masaki Michihata, Terutake Hayashi, Yasuhiro Takaya: Measurement of axial position of a microsphere using chromatic confocal system for probe system based on the laser trapping with the standing wave scale, Proc. International Symposium on Optomechatronic Technologies (ISOT), Seattle, WA USA, November 5-7, 2014
  • Yasuhiro Takaya, Masaki Michihata, Terutake Hayashi: Total Angle Resolved Scattering Characterization for Ultra-fine Finished Surface Areal-topography
Proc. International Symposium on Optomechatronic Technologies (ISOT), Seattle, WA USA, November 5-7, 2014
 

2013

  • Yasuhiro Takaya, Masaki Michihata, Terutake Hayashi: Micro-probing system for coordinate metrology using a particle controlled by optical radiation pressure based on standing wave scale sensing method, Proc. International conference on optics in precision engineering and nanotechnology (iCOPEN), Singapore Expo, Singapore, 9-11 April, 2013(アブストのみ)
  • Masaki Michihata, Ryosuke Gake, Terutake Hayashi, Yasuhiro Takaya: Fundamental verification of diameter measurement of a micro-CMM probe by using whispering gallery mode resonance, Proc. The 11th International Symposium on Measurement Technology and Intelligent Instruments (ISMTII), Aachen/Braunschweig, Germany, 1-5 July, 2013
  • Ayano Fukui, Masaki Michihata, Terutake Hayashi, Yasuhiro Takaya: Surface detection of vertical sidewall by measuring fluorescent signal for three dimensional shape measurement of microstructures, Proc. The 11th International Symposium on Measurement Technology and Intelligent Instruments (ISMTII), Aachen/Braunschweig, Germany, 1-5 July, 2013
  • Yasuhiro Takaya, Masaki Michihata, Terutake Hayashi: Fundamental study on chemical mechanical polishing of copper wafer surface using water-soluble fullerenol as a functional molecule, Proc. Collaborative Conference on 3D & Materials Research (CC3DMR), pp.567-569, Jeju, South Korea, 24-28 June, 2013
  • Yasuhiro Takaya, Masaki Michihata, Terutake Hayashi, Ryota Murai, Kazumasa Kano: Surface analysis of the chemical polishing process using a fullerenol slurry by Raman spectroscopy under surface plasmon excitation, 63rd CIRP General Assembly, Copenhagen, Denmark, August 18-24, 2013(原稿なし)
  • Yasuhiro Takaya, Masaki Michihata, Terutake Hayashi: Coordinate measurement of a microstructure using an optically trapped microprobe with two types of probing mode, Proc. The 11th International Symposium of Measurement Quality and Control (ISMQC), University, Cracow, Poland  [Plenary], September 11-13, 2013(原稿なし)
  • Yuki Ishizaki, Terutake Hayashi, Masaki Michihata, Yasuhiro Takaya: Development of nanoparticles sizing method based on fluorescence polarization, Proc. The 11th International Symposium of Measurement Quality and Control (ISMQC), University, Cracow, Poland, September 11-13, 2013
  • Masaki Michihata, Tran Dang Phong, Terutake Hayashi, Yasuhiro Takaya: Fundamental investigation for Stochastic metrology with multi-sensors for micro-system technology: In case of optical path length, Proc. 21st IMEKO TC2 Symposium Photonics in Measurement, Gdansk, Poland, 16-18 September 2013
  • Atsushi Adachi, Masaki Michihata, Terutake Hayashi, Yasuhiro Takaya: Optimization of coupling condition in distance between the sphere and the tapered fiber for diameter measurement of microsphere by using WGM resonance, International Symposium on Optomechatronic Technologies (ISOT2013) , Jeju island, South Korea, Oct. 28 - 30, 2013 (Published in “Progress in Optomechatronic Technologies, Springer International Publishing (2014) pp.63-72”)
  • Ryota Murai, Yasuhiro Takaya, Terutake Hayashi, Masaki Michihata: Study on chemical interaction analysis of reactive fullerenol molecules in Cu-CMP using high-sensitive Raman spectrometry, The 5th International Conference of Asian Society for Precision Engineering and Nanotechnology (ASPEN), Taipei, Taiwan, November 13-15, 2013(原稿なし)
  • Tran Dang Phong, Masaki Michihata, Terutake Hayashi, Yasuhiro Takaya: Enhancement of sensing resolution for minute refractive index change of micro flow by light interferometer using stochastic resonance, Proc. The 7th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century (LEM21), Matsushima, Miyagi, Japan, November 8-10, 2013

 

2012

  • Yasuhiro Takaya, Masaki Michihata, Terutake Hayashi, Taisuke Washitani: Dimensional measurement of microform with high aspect ratio using an optically controlled particle with sensing standing wave scale, 62nd CIRP General Assembly, HongKong, August 19-25, 2012(原稿なし)
  • Terutake Hayashi, Masaki Michihata, Yasuhiro Takaya, Kok Foong LEE: Development of nano particle sizing system using fluorescence polarization, Proc. XX IMEKO World Congress, Busan, Republic of Korea, August 9 - 14, 2012
  • Terutake Hayashi: Development on nanoparticle evaluation method using fluorescence polarization, International Symposium on Technology for Intelligent Measurement with Nanoscale in JSPE Autumn, Fukuoka, Japan, 2012(原稿なし)
  • Terutake Hayashi, Masaki Michihata, Yasuhiro Takaya, Yusuke Fukuta: Study on surface processing process by using femto-second pulse train beam with excitation of coherent phonon, Proc. the 14th American society of precision engineering (ASPE) annual meeting, Vol.56, pp540-544, St.Paul, USA, October. 20 – 25, 2012
  • Yasuhiro Takaya, Masaki Michihata, Terutake Hayashi, Taisuke Washitani: Mode selective probing method of micro trench structure using optically trapped probe, International Symposium on Optomechatronic Technologies (ISOT2012) , No.26, Paris, France, Oct. 29 - 31, 2012
  • Masaki Michihata, Tadaaki Yoshikane, Terutake Hayashi, Yasuhiro Takaya: New technique of single-beam gradient-force optical trapping in air condition, International Symposium on Optomechatronic Technologies (ISOT2012), No.27, Paris, France, Oct. 29 - 31, 2012
  • Terutake Hayashi, Masaki Michihata, Yasuhiro Takaya: Development of an optical heterogeneity evaluation system using phase-shift digital holography, Proc. the 14th International Conference on Precision Engineering (ICPE), No598, Awaji, Japan, Nov. 8 - 10, 2012(原稿なし)
  • Yusuke Fukuta, Terutake Hayashi, Masaki Michihata, Yasuhiro Takaya: Development of a nobel surface processing system using femto pulse train, Proc. the 14th International Conference on Precision Engineering (ICPE) , No.220, Awaji, Japan, Nov. 8 - 10, 2012(原稿なし)
  • Masafumi Yasuda, Terutake Hayashi, Masaki Michihata, Yasuhiro Takaya: A novel batch fabrication of micro parts using DNA pattern recognition, Proc. the 14th International Conference on Precision Engineering (ICPE), No.865, Awaji, Japan, Nov. 8 - 10, 2012(原稿なし)

 

2019

  • 中西弘樹, 水谷康弘, 牧浦良彦, 横田博, 高谷裕浩: タルボットリソグラフィにおけるホログラムを用いたナノ周期構造の形状制御, 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2019, 2pE4, 大阪, 2019年12月
  • 片岡将磨, 水谷康弘, 高谷裕浩: 畳み込みニューラルネットワークを用いた確率推定によるゴーストイメージングの高速化, 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2019, 3aE6, 大阪, 2019年12月
  • 松本宏平, 水谷康弘, 高谷裕浩: レーザ励起蛍光を用いた工具刃先形状の機上計測に関する研究(第二報), 第13回 生産加工・工作機械部門講演会, D21, 熊本, 2019年10月
  • 並河峻佑, 水谷康弘, 高谷裕浩: レーザー後方散乱パターンによるガラスマイクロクラック計測に関する研究 -散乱パターンの空間周波数解析に基づくクラック深さ評価-, 日本機械学会 2019年度年次大会, S13306P15, 秋田, 2019年9月
  • 上野原努, 水谷康弘, 高谷裕浩: フォトニックナノジェットを利用した微細加工に関する研究 (第 8 報) -マイクロ球に照射する集光ビームパラメータによる加工制御-, 2019年度精密工学会秋季大会, L08, 静岡, 2019年9月
  • Reza Aulia Rahman, Tsutomu Uenohara, Yasuhiro Mizutani, Yasuhiro Takaya: Study on in-liquid laser nanomachining by photonic nanojet in optical tweezers configuration (1st report) -Investigation on machining realization by numerical simulation-, 2019年度精密工学会秋季大会, L05, 静岡, 2019年9月
  • 張叢翔, 水谷康弘, 高谷裕浩: 量子もつれを用いた表面形状計測(第1報) ~量子もつれの生成と計測手法の提案~, 2019年度精密工学会秋季大会, D37, 静岡, 2019年9月
  • 江崎隆,水谷康弘,金子新,牧浦良彦,横田博,高谷裕浩: タルボット効果を用いた広範囲3次元リソグラフィ(第3報) -高分子膜への構造転写手法の開発-, 2019年度精密工学会秋季大会, L09, 静岡, 2019年9月
  • 並河峻佑, 水谷康弘, 高谷裕浩: レーザー後方散乱パターンの空間周波数解析に基づくガラスマイクロクラックの深さ計測に関する研究 - 円周方向と半径方向におけるクラック深さ分布 -, 精密工学会2019年度関西支部講演会, 90-91, 大阪, 2019年6月
  • Congxiang Zhang, 水谷康弘, 高谷裕浩: 量子もつれフォトンを利用した新計測原理に関する基礎研究 -量子もつれ光源の開発と計測手法の提案-, 精密工学会2019年度関西支部講演会, 92-93, 大阪, 2019年6月
  • 上野原努, 水谷康弘, 高谷裕浩: フォトニックナノジェットを利用した微細加工に関する研究 (第 7 報) -フォトニックナノジェットの強度分布制御に基づいた加工制御-, 2019年度精密工学会春季大会, L20, 東京, 2019年3月
  • 中西弘樹, 水谷康弘, 高谷裕浩: タルボット効果を用いた広範囲3次元リソグラフィ(第2報) -多重露光を援用した3次元ナノ周期構造の作製-, 2019年度精密工学会春季大会, L21, 東京, 2019年3月
  • 高橋一平, 水谷康弘, 高谷裕浩: 広帯域光周波数コム散乱分光による表面トポグラフィ計測に関する基礎的研究 -光周波数コムファイバーレーザの広帯域化-, 2019年度精密工学会春季大会, O14, 東京, 2019年3月
  • 加藤粹, 水谷康弘, 高谷裕浩: 光スピンホール効果を利用したエリプソメトリによる表面粗さ計測のための有効媒質理論の検討, 日本機械学会 関西学生会2018年度学生員卒業研究発表講演会, 9P15, 滋賀, 2019年3月
  • 並河峻佑, 水谷康弘, 高谷裕浩: 光後方散乱パターンの空間周波数解析に基づくガラスマイクロクラックの深さ計測に関する研究, 日本機械学会 関西学生会2018年度学生員卒業研究発表講演会, 10A14, 滋賀, 2019年3月
  • 谷田航大, 水谷康弘, 高谷裕浩: 光周波数コム散乱分光による三次元表面トポグラフィ計測に関する基礎研究, 日本機械学会 関西学生会2018年度学生員卒業研究発表講演会, 10A13, 滋賀, 2019年3月
  • 江崎隆, 水谷康弘, 高谷裕浩: タルボット効果を用いたフォトリソグラフィによる高アスペクト比構造の作製, 日本機械学会 関西学生会2018年度学生員卒業研究発表講演会, 9P22, 滋賀, 2019年3月

 

2018

  • 八木音樹, 水谷康弘, 高谷裕浩: 全反射照明を用いた多波長光相関イメージングに よる 3 次元形状計測に関する研究(第一報) 基本 原理の検証, 日本機械学会 2018年度年次大会, S1350101, 大阪, 2018年9月
  • 八木音樹, 水谷康弘, 高谷裕浩: 全反射照明による多波長光相関イメージングを用いたサブマイクロスケール三次元形状計測に関する研究 (第1報) 基本原理の検証, 2018年度精密工学会秋季大会, 3A(T)52, 北海道, 2018年9月
  • 松本宏平, 水谷康弘, 高谷裕浩: レーザ励起蛍光による工具刃先形状の機上計測に関する研究 -希釈水溶性切削液への適応性の検討-, 日本機械学会 関西学生会 2017年度 学生員卒業研究発表講演会, 11A23, 大阪, 2018年3月

 

2017

  • 上野原努,高谷裕浩,水谷康弘: フォトニックナノジェットを利用したレーザ微細加工に関する研究 ビームの位置制御による加工量の高分解能制御,2016年度砥粒加工学会学術講演会, 兵庫県立大学, 2017年8月31日.
  • 乾和磨,高谷裕浩,水谷康弘: 3次元表面トポグラフィ計測のための光周波数コムファイバーレーザーの発振特性, 2017年度関西地方学術講演会, 摂南大学, 2017年6月29日.
  • 八木音樹, 水谷康弘, 高谷裕浩: 全反射照明を用いた多波長光相関による3次元形状計測に関する研究, 2017年度関西地方学術講演会, 摂南大学, 2017年6月29日.
  • 上野原努,水谷康弘,高谷裕浩: フォトニックナノジェッットを利用した微細加工に関する研究(第3報) マイクロ球に対するレーザ照射条件の検討, 2017年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, , 2017年3月
  • 篠崎充,水谷康弘,高谷裕浩: タルボット効果を用いた広範囲3次元リソグラフィ(第1報) 破面制御および定在波を援用した機能性構造の作製, 2017年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, , 2017年3月
  • 山口悠希,道端正岐, 水谷康弘,高谷裕浩: 光放射圧プローブを用いた表面微細形状の評価技術に関する研究(第5報) 〜イメージングの高コントラスト化〜, 2017年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, , 2017年3月
  • 田口寛樹,水谷康弘,高谷裕浩: 微弱励起光による光相関を用いた蛍光イメージングに関する研究(第2報) 単一光子検出における高感度イメージング法の検討, 2017年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, , 2017年3月
  • 藤田寛之,水谷康弘,高谷裕浩: 光スピンホール効果エリプソメトリの開発(第1報) 基本原理の検証, 2017年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, , 2017年3月
  • 入川祥伍, 高谷裕浩, 水谷康弘: 光後方散乱パターンによるガラスマイクロクラック測定法の精度評価, 日本機械学会関西学生会平成28年度学生員卒業研究発表講演会前刷集, pp14-3, 2017年3月
  • 古場凛太郎, 高谷裕浩, 水谷康弘: 反応性ナノ粒子 – 材料相互作用による研磨加工特性の解析, 日本機械学会関西学生会平成28年度学生員卒業研究発表講演会前刷集, pp18-21, 2017年3月
  • 田村亮太, 高谷裕浩, 水谷康弘:レーザー励起光を用いた工具刃先形状の機上計測法に関する研究, 日本機械学会関西学生会平成28年度学生員卒業研究発表講演会前刷集, pp14-13, 2017年3月
  • 八木音樹,水谷康弘,高谷裕浩: 多波長光相関イメージング, 日本機械学会関西学生会平成28年度学生員卒業研究発表講演会前刷集, pp.17-3, 2017年3月

 

2016

  • [招待講演] 水谷康弘,渋谷九輝,高谷裕浩: 微弱光イメージングを可能にするゴーストイメージング, レーザ学会学術講演会第36回年次大会講演予稿集, 2016年
  • 水谷康弘,上田和徳,高谷裕浩: サブnmオーダ分解能を有するすピンホール効果プローブの開発(第1報)〜光スピンホール効果の諸特性〜, 2016年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.981-982, 2016年3月
  • 旭真史,高谷裕浩,水谷康弘: 表面増強ラマン分光法による反応性ナノ粒子を用いたCu-CMPの化学的研磨作用分析, 2016年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.3-4, 3.2016
  • 上野原努, 高谷裕浩,水谷康弘: フォトニックナノジェットを利用した微細加工に関する研究(第2報) ビームの位置制御による加工特性の解明, pp.1011-1012, 2016年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 2016年3月
  • 川嵜彬史,道畑正岐,高谷裕浩,水谷康弘: WGM共振を利用した微小球の直径計測(第5報)〜光ファイバによるWGM励起の最適化〜, pp.33-34, 2016年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 3.2016
  • 金鐘剛,道畑正岐,高谷裕浩,水谷康弘: 光放射圧プローブを用いた表面微細形状の評価技術に関する研究(第2報)〜レーザトラッピングされたマイクロ球によるイメージング〜, 2016年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.59-60, 2016年3月
  • 丸野兼治,道畑正岐,高谷裕浩,水谷康弘: 蛍光共焦点法による工具歯先形状の機上計測に関する研究(第2報)〜切削液からの蛍光の共焦点検出〜, 2016年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.19-20, 2016年3月
  • 篠崎充,水谷康弘,高谷裕浩: タルボット効果を用いた金属3次元ナノ構造の作成(第1報)〜格子形状の影響解析および作成プロセスの検証〜, 2016年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.1005-1006, 2016年3月
  • 山口悠希,道畑正岐,水谷康弘,高谷裕浩: 光放射圧プローブを用いた表面微細形状の評価技術に関する研究(第3報)〜レーザ捕捉微小球レンズの試料近傍における位置制御〜, 2016年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.37-38, 2016年3月
  • 上田和徳,水谷康弘,高谷裕浩: 光スピンホール効果を利用した高精度リニアスケールに関する基礎研究, 日本機械学会関西学生会平成27年度学生員卒業研究発表講演会前刷集, pp.16-16, 2016
  • 田口寛樹,水谷康弘,高谷裕浩: 微弱励起光を用いた光相関による蛍光イメージングに関する研究, 日本機械学会関西学生会平成27年度学生員卒業研究発表講演会前刷集, pp.17-9, 2016年3月
  • 斎藤舜,水谷康弘,高谷裕浩: 光後方散乱によるガラス表面マイクロクラックの計測に関する研究〜加工表面性状による計測基本特性〜, 日本機械学会関西学生会平成27年度学生員卒業研究発表講演会前刷集, pp.14-22, 2016年3月
  • 山崎大地,水谷康弘,高谷裕浩: 光相関を用いた統計的アプローチによるサブ10nm欠陥検出技術に関する研究, 日本機械学会関西学生会平成27年度学生員卒業研究発表講演会前刷集, pp.15-20, 2016
  • 田口寛樹,水谷康弘,高谷裕浩: 光相関による微弱蛍光イメージング, 精密工学会2016年度関西地方定期学術講演会講演論文集, pp.86-87, 2016年3月
  • 高谷裕浩: 加工計測のパラダイムシフトと機内・機上計測技術の最新動向, 機械技術第64巻第7号, pp.16-23, 2016年(解説記事)

 

2015

  • 山口悠希, 道畑正岐, 高谷裕浩: 表面テクスチャ観察に用いる微小球レンズの光放射圧運動制御に関する研究, 日本機械学会関西学生会平成 26年度学生員卒業研究発表講演会, pp.15-20, 京都大学, 2015年3月
  • 下田俊樹, 高谷裕浩, 道畑正岐: レーザー後方散乱パターンによる硝子マイクロクラックのインプロセス測定評価に関する研究, 日本機械学会関西学生会平成 26 年度学生員卒業研究発表講演会, pp.16-20, 京都大学, 2015年3月
  • 上田真一, 道畑正岐, 高谷裕浩: 光放射圧プローブによる定在場スケールを用いた三次元形状のスキャニング測定(第 5 報)〜定在場スケール内挿によるスキャニング測定〜, 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.121-122, 東洋大学, 2015年3月
  • 川嵜彬史,道畑正岐,足立篤,高谷裕浩: WGM 共振を利用した微小球直径の計測 (第 3 報) –電磁界モードの特定-, 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.125-126, 東洋大学, 2015年3月
  • 足立篤, 道畑正岐, 高谷裕浩: WGM 共振を利用した微小球直径の計測 (第 4 報) 球の屈折率分散特性が測定精度に与える影響, 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.127-128, 東洋大学, 2015年3月
  • 大菊崇弘, 林照剛, 道畑正岐, 高谷裕浩: フェムトパルストレインによるコヒーレントフォノン励起加工に関する研究(第 2 報)-コヒーレントフォノンの時間分解計測システムの開発‐, 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.129-130, 東洋大学, 2015年3月
  • 田代祐之, 林照剛, 道畑正岐, 高谷裕浩: フェムトパルストレインによるコヒーレントフォノン励起加工に関する研究(第 2 報)‐コヒーレントフォノンの時間分解計測システムの開発‐, 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.133-134, 東洋大学, 2015年3月
  • 金鐘剛, 道畑正岐, 高谷裕浩: 光放射圧プローブによる表面微細形状計測に関する計測, 2015年度関西地方定期学術講演会, pp.88-89, 京都工業繊維大学, 2015年3月
  • 山口悠希, 道畑正岐, 高谷裕浩: 表面テクスチャ観察に用いる光放射圧制御微小球レンズの運動解析, 2015年度関西地方定期学術講演会, pp.98-99, 京都工業繊維大学, 2015年6月
  • 旭真史, 高谷裕浩, 水谷康弘: 表面増強ラマン分光法による水酸化フラーレンを用いたCu-CMPの化学反応プロセス解析 - 表面増強分光装置の検証 – , 2015年度砥粒化工学会学術講演会講演論文集, pp.261-264, 2015年
  • 上野原努, 高谷裕浩, 水谷康弘, 道畑正岐: フォトニックナノジェットを利用した微細加工に関する研究(第1報)〜ビームの位置制御技術の検討〜, 2015年度精密工学会秋季大会学術講演論文集, pp.395-396, 2015年11月
  • 丸野兼治, 道畑正, 水谷康弘, 高谷裕浩: 蛍光共焦点法による工具歯先形状の機上計測に関する研究(第1報)水平面における切削液の油膜の基礎検討, 2015年度精密工学会秋季大会学術講演論文集, pp.135-136, 2015
  • 高谷裕浩, 道畑正岐, 上田真一: 光放射圧プローブ精密定在場スケールによるマイクロ自由曲面形状のスキャニング測定, 日本機械学会2015年度年次大会講演論文集, 2015年
  • 高谷裕浩: 金型加工技術の最新潮流をさぐるー金型づくりの高度化と光計測活用技術—, 機械技術第63巻第8号, pp.26-31, 2015年(解説記事)
  • 高谷裕浩: 型技術の『見える化』を支える計測技術の最新動向, 型技術第30巻第8号, pp.18-25 , 2015年(解説記事)
  • 高谷裕浩: ものづくり基盤の進化からイノベーションの創出を担う知的ナノ計測, 2015年精密工学会誌, vol.81, No.10, pp.911-914, 2015年(解説記事)
  • 高谷裕浩: 〔技術解説〕カーボンナノ粒子による化学機械研磨と加工メカニズムの解明, 生産と技術,第67巻第4号, pp.40-47, 2015年(解説記事)

 

2014

  • 旭真史, 高谷裕浩, 林照剛, 道畑正岐: 表面増強ラマン散乱によるCu-CMPの加工メカニズム解析 -水酸化フラーレンの化学研磨特性-, 2014年度精密工学会関西支部学術講演会, pp.36-37, 近畿大学, 2014年6月
  • 川㟢彬史, 道畑正岐, 林照剛, 高谷裕浩: 微小球径計測に向けたWGM励起ファイバの作製に関する研究, 2014年度精密工学会関西支部学術講演会, pp.80-81, 近畿大学, 2014年6月
  • 道畑正岐, 高見昂亮, 林照剛, 高谷裕浩: 光放射圧プローブを用いた表面微細形状計測に関する研究, 第19回知能メカトロニクスワークショップ, pp. 65-68, 高野山, 和歌山, 2014年
  • 高谷裕浩, 道畑正岐, 丸野兼治: UVレーザー励起蛍光による機上工具刃先計測の基本原理, 型技術者会議2014,第29巻,第7号, pp.24-25, 2014年
  • 林照剛, 石崎佑樹, 道畑正岐, 高谷裕浩, 田中慎一: 周波数領域蛍光法を用いたナノ粒子粒径評価に関する研究(第 3 報) −DNA を用いたナノ粒子計測プローブの開発−, 2014年度精密工学会学術講演会春季大会講演論文集, pp.621-622, 東京大学, 2014年3月
  • 林照剛, 大島玄喜, 道畑正岐, 高谷裕浩: フェムトパルストレインによるコヒーレントフォノン励起加工に関する研究(第三報) -テラヘルツ帯域でのエネルギー伝達機構の検討-, 2014年度精密工学会学術講演会春季大会講演論文集, pp.1263-1264, 東京大学, 2014年3月
  • 林照剛, 大菊崇弘, 道畑正岐, 高谷裕浩: フェムトパルストレインによるコヒーレントフォノン励起加工に関する研究(第二報) -コヒーレントフォノン励起状態の時間分解計測-, 2014年度精密工学会学術講演会春季大会講演論文集, pp.9-10, 東京大学, 2014年3月
  • 道畑正岐, 足立篤, 林照剛, 高谷裕浩: WGM共振を利用した微小球の直径計測 (第2報) -WGM波長スペクトルを用いた球径の推定方法-, 2014年度精密工学会学術講演会春季大会講演論文集, pp.79-80, 東京大学, 2014年3月
  • 福井彩乃, 道畑正岐, 林照剛, 高谷裕浩: 蛍光検出によるマイクロトレンチ構造の3次元形状計測 (第2報) -蛍光信号の変化を用いた測定物表面の検出-, 2014年度精密工学会学術講演会春季大会講演論文集, pp.75-76, 東京大学, 2014年3月
  • Tran Phong Dang, 道畑正岐, 林照剛, 高谷裕浩: 確率共鳴を利用した光干渉計によるマイクロ流れの微小屈折率変化の可視化計測(第2報) -確率共鳴励起信号の検討-, 2014年度精密工学会学術講演会春季大会講演論文集, pp.37-38, 東京大学, 2014
  • 石崎佑樹, 林照剛, 道畑正岐, 高谷裕浩: 蛍光偏光法によるナノ粒子粒径計測に関する研究(第2報)  -粒径と回転拡散係数の関係性についての検討-, 2014年度精密工学会学術講演会春季大会講演論文集, pp.93-94, 東京大学, 2014年3月
  • 高見昂亮, 道畑正岐, 林照剛, 高谷裕浩: 光放射圧プローブを用いた表面微細形状の評価技術に関する研究(第1報)- マイクロ球による表面観察原理 -, 2014年度精密工学会学術講演会春季大会講演論文集, pp.63-64, 東京大学, 2014年3月
  • 村井亮太, 高谷裕浩, 林照剛, 道畑正岐: 表面プラズモン励起ラマン計測による水酸化フラーレン分子加工原理に関する研究, 2014年度精密工学会学術講演会春季大会講演論文集, pp.153-154, 東京大学, 2014年3月
  • 川㟢彬史, 道畑正岐, 林照剛, 高谷裕浩: WGM共振による微小球径計測に向けた位相整合適合光ファイバの作成, 2013年度日本機械学会関西学生会卒業研究発表講演会, pp.18-7, 大阪府立大学, 2014年3月
  • 旭真史, 高谷裕浩, 林照剛, 道畑正岐: 局在型表面プラズモン励起ラマン分光による水酸化フラーレンのCu-CMP特性解析, 2013年度日本機械学会関西学生会卒業研究発表講演会, pp.17-3, 大阪府立大学, 2014年3月
  • 浅見直宏, 道畑正岐, 林照剛, 高谷裕浩: 光放射圧によるシリカ微小球の空間位置・挙動制御に関する研究, 2013年度日本機械学会関西学生会卒業研究発表講演会, pp.19-13, 大阪府立大学, 2014年3月
  • 上野原努, 高谷裕浩, 林照剛, 道畑正岐: フォトニック・ナノジェットを利用した微細加工に関する基礎研究, 2013年度日本機械学会関西学生会卒業研究発表講演会, pp.17-4, 大阪府立大学, 2014年3月
  • 杉田健治, 林照剛, 道畑正岐, 高谷裕浩: 周波数走査型蛍光偏光法を用いたナノ粒子の粒径計測, 2013年度日本機械学会関西学生会卒業研究発表講演会, pp.19-14, 大阪府立大学, 2014年3月
  • 丸野兼治, 道畑正岐, 林照剛, 高谷裕浩: UV光励起蛍光による微細加工工具刃先の3次元機上計測に関する基礎研究, 2013年度日本機械学会関西学生会卒業研究発表講演会, pp.18-8, 大阪府立大学, 2014年3月
  • 上野原努, 高谷裕浩, 道畑正岐, 林照剛: フォトニックナノジェットを利用した表面微細加工に関する研究”, 2014 年度砥粒化工学会学術講演会講演論文集(ABTEC), pp.127-131, 岩手大学, 2014年
  • 道畑正岐, 丸野兼治, 杉原達哉, 林照剛, 福井彩乃, 高谷裕浩: 切削油の蛍光特性を利用した工具刃先の機上計測に関する研究第 1 報:工具表面検出に関する検討, 2014 年度砥粒化工学会学術講演会講演論文集(ABTEC), pp.44 -47, 岩手大学, 2014年
  • 上田真一, 道畑正岐,高谷裕浩,林照剛: 光放射圧プローブによる定在場スケールを用いた三次元形状のスキャニング測定(第 4 報)~マイクロ球光軸方向位置の共焦点計測~, 2014 年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.825-826, 2014年11月
  • 大菊崇弘, 林照剛, 道畑正岐, 高谷裕浩: コヒーレントフォノン励起面におけるパルストレインビーム照射応答の時間分解計測に関する研究, 第 10 回生産加工・工作機械部門講演会, pp.245-246, 徳島大学, 2014年
  • 田代裕之, 林照剛, 道畑正岐, 高谷裕浩: DNA相補結合を用いたマイクロ光学システムの高集積化に関する研究, 第 10 回生産加工・工作機械部門講演会, pp.255-256, 徳島大学, 2014年
  • 高谷裕浩: 超親水性高分子‐ナノダイヤモンドスラリーによる化学機械研磨, MATERIAL STAGE, Vol.14, No.4, pp.1-7, 2014年(解説記事)
  • 高谷裕浩, 道畑正岐, 林照剛: 水酸化フラーレンを用いたCu 化学機械研磨特性と加工メカニズム解析, トライポロジスト, 第59巻, 第12号, pp.765-772, 2014年(解説記事)
  • 高谷裕浩、林照剛、道畑正岐: 全方位角度分解散乱光計測による加工表面性状解析技術, 精密工学会誌, Vol. 80, No.6, pp. 514-518, 2014年(解説記事)
  • 高谷裕浩, 村井亮太, 林照剛, 道畑正岐, 小松直樹: 化学修飾ナノダイヤモンドを用いた銅薄膜表面の化学機械研磨, NEW DIAMOND, Vol. 30, No.2, pp. 25-27, 2014年(解説記事)
  • 高谷裕浩: 超親水性高分子—ナノダイヤモンドスラリーによる化学機械研磨, マテリアルステージ, Vol 14, No.4, pp. 52-58, 2014年(解説記事)
  • 高見昂亮他(精密工学学生編集委員): 分岐器で広がるぼくらの毎日,精密工学会誌,Vol. 80, No.1, pp. 66-69, 2014年
  • 高見昂亮他(精密工学学生編集委員): はやい!安全!快適!僕らの新幹線〜台車と車体ができるまで〜, 精密工学会誌, Vol. 80, No.6, pp. 528-531, 2014年(解説記事)

 

2013

  • 福田悠介, 林照剛, 道畑正岐, 高谷裕浩: フェムトパルストレインによるコヒーレントフォノン励起加工技術の開発, 2013年度精密工学会学術講演会春季大会講演論文集, pp.907-908, 東京工業大学, 2013年3月
  • 峨家諒介, 道畑正岐, 林照剛, 高谷裕浩: CMMによる高精度測定のための微小球共振を用いたプローブ球の直径測定, 2013年度精密工学会学術講演会春季大会講演論文集, pp.897-898, 東京工業大学, 2013年3月
  • 安田聖文, 林照剛, 道畑正岐, 高谷裕浩: DNAの相補的結合を用いたマイクロ部品自律的組み立てに関する研究(第1報) -マイクロ球定着基礎実験に基づくマイクロ部品組み立て条件の検討-, 2013年度精密工学会学術講演会春季大会講演論文集, pp.351-352, 東京工業大学, 2013年3月
  • 鷲谷泰佑, 道畑正岐, 林照剛, 高谷裕浩: 光放射圧プローブによる定在場スケールを用いた三次元形状のスキャニング測定(第2報)~定在場中でのプローブ球の挙動解析~, 2013年度精密工学会学術講演会春季大会講演論文集, pp.911-912, 東京工業大学, 2013年3月
  • 吉兼匡昭, 道畑正岐, 林照剛, 高谷裕浩: 表面微細構造を用いた光放射圧プローブスタイラスの捕捉(第2報)~基板材質と表面離脱性の関係~, 2013年度精密工学会学術講演会春季大会講演論文集, pp.895-896, 東京工業大学, 2013年3月
  • 足立篤, 道畑正岐, 林照剛, 高谷裕浩: WGモード解析に基づくマイクロプローブの直径計測原理に関する研究, 2012年度日本機械学会関西学生会卒業研究発表講演会, pp.17-13, 大阪工業大学, 2013年3月
  • 大菊崇弘, 林照剛, 道畑正岐, 高谷裕浩: フェムト秒レーザ励起によるコヒーレントフォノンのリアルタイム検出機構の確立, 2012年度日本機械学会関西学生会卒業研究発表講演会, pp.15-16, 大阪工業大学, 2013年3月
  • 田代裕之, 高谷裕浩, 林照剛, 道畑正岐: DNA四重鎖結合を用いたマイクロ部品セルフアセンブリ技術に関する研究, 2012年度日本機械学会関西学生会卒業研究発表講演会, pp.20-17, 大阪工業大学, 2013年3月
  • 上田真一, 道畑正岐, 林照剛, 高谷裕浩: 定在場スケールを用いた光放射圧プローブによる3次元形状計測の高分解能化, 2012年度日本機械学会関西学生会卒業研究発表講演会, pp.17-12, 大阪工業大学, 2013年3月
  • 山本達也, 林照剛, 道畑正岐, 高谷裕浩: 位相シフト干渉法を用いた光学ガラスの屈折率測定に関する研究, 2012年度日本機械学会関西学生会卒業研究発表講演会, pp.17-11, 大阪工業大学, 2013年3月
  • 石崎佑樹, 林照剛, 道畑正岐, 高谷裕浩: 蛍光偏光法によるナノ粒子粒径計測に関する研究 -回転拡散係数測定システムによる金ナノ粒子の測定-, 2013年度精密工学会関西支部学術講演会, pp.90-91, 大阪工業大学, 2013年6月
  • 大島玄喜, 高谷裕浩, 林照剛, 道畑正岐: フォトニック・ナノジェットの生成に関する研究 -ベッセルビーム照明条件の検討-, 2013年度精密工学会関西支部学術講演会, pp.52-53, 大阪工業大学, 2013
  • 高見昂亮, 道畑正岐, 林照剛, 高谷裕浩: 高アスペクト比形状計測に向けた光放射圧プローブに関する研究 -コアシェル粒子によるプローブ作動距離の改善-, 2013年度精密工学会関西支部学術講演会, pp.100-101, 大阪工業大学, 2013年6月
  • 村井亮太, 高谷裕浩, 林照剛, 道畑正岐, 小松直樹: ポリグリセロール修飾ナノダイヤモンドを用いた平坦化加工に関する研究, 2013年度砥粒加工学会学術講演会 (ABTEC2013) , pp.67-70, 日本大学, 2013
  • 道畑正岐, 林照剛, 高谷裕浩: 回折光を用いたレーザトラップによるマイクロ部品の捕捉制御に関する研究(第1報) -トラッピングの基礎特性-, 2013年度精密工学会学術講演会秋季大会講演論文集, pp.397-398, 関西大学, 2013年11月
  • 林照剛, 道畑正岐, 高谷裕浩: デジタルホログラフィを用いたリアルタイム 3 次元計測, 2013年度精密工学会学術講演会秋季大会講演論文集, pp.621-622, 関西大学, 2013年11月
  • Tran Phong Dang, 道畑正岐, 林照剛, 高谷裕浩: 確率共鳴を利用した光干渉計によるマイクロ流れの微小屈折率変化の可視化計測(第1報) -光散乱を用いた微小屈折率変化計測原理の検証-, 2013年度精密工学会学術講演会秋季大会講演論文集, pp.73-74, 関西大学, 2013年11月
  • 福井彩乃, 道畑正岐, 林照剛, 高谷裕浩: 蛍光検出によるマイクロトレンチ構造の3次元形状計測 (第1報) -垂直面から検出される蛍光信号特性-, 2013年度精密工学会学術講演会秋季大会講演論文集, pp.359-360, 関西大学, 2013年11月
  • 足立篤, 道畑正岐, 林照剛, 高谷裕浩: WGM共振を利用した微小球の直径計測 (第1報) -結合条件が共振ピークに与える影響-, 2013年度精密工学会学術講演会秋季大会講演論文集, pp.67-68, 関西大学, 2013
  • 上田真一, 道畑正岐, 林照剛, 高谷裕浩: 光放射圧プローブによる定在場スケールを用いた三次元形状のスキャニング測定(第3報)~スケールの内挿誤差の検討~, 2013年度精密工学会学術講演会秋季大会講演論文集, pp.355-356, 関西大学, 2013年11月
  • 大菊崇弘, 林照剛, 道畑正岐, 高谷裕浩: フェムトパルストレインによるコヒーレントフォノン励起加工技術の開発, 2013年度精密工学会学術講演会秋季大会講演論文集, pp.273-274, 関西大学, 2013
  • 田代裕之, 林照剛, 道畑正岐, 高谷裕浩: DNAの相補性を用いたマイクロ部品自律的組み立てに関する研究(第2報) -複数種のマイクロ部品の同時位置決めに関する検討̶-, 2013年度精密工学会学術講演会秋季大会講演論文集, pp.513-514, 関西大学, 2013年11月
  • 道畑正岐: 海外渡航報告書, テクノネット, vol.10, 2013年(解説記事)
  • 道畑正岐: 国際会議報告第11回ISMTII(知的計測技術国際会議)報告, 精密工学会誌, Vol.79, No.10, 2013年(解説記事)
  • 高見昂亮他(精密工学学生編集委員): 工業用CTが見透す未来",精密工学会誌, Vol. 79, No.1, pp. 44-48, 2013年
  • 高見昂亮他(精密工学学生編集委員): 人口関節で歩む未来, 精密工学会誌, Vol. 79, No.6, pp. 506-511, 2013年

 

2012

  • 石崎佑樹, 林照剛, 高谷裕浩, 道畑正岐: 周波数領域蛍光法を用いたナノ粒子粒径計測に関する研究, 2012年度砥粒加工学会学術講演会 (ABTEC2012), pp.245-246, 同志社大学, 2012年
  • 道畑正岐, 高谷裕浩, 林照剛: 光放射圧プローブによる定在場スケールを用いた三次元形状のスキャニング測定(第1報)~プローブ球挙動の簡易モデルの提案~, 2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.971-972, 九州工業大学, 2012年11月
  • 吉兼匡昭, 道畑正岐, 林照剛, 高谷裕浩: 表面微細構造を用いた光放射圧プローブスタイラスの選択的捕捉(第1報)~微細構造による吸着力低減および光放射圧増強~, 2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.491-492, 九州工業大学, 2012年11月
  • 安田聖文, 林照剛, 道畑正岐, 高谷裕浩: DNAの相補性を用いたマイクロ部品自律的組み立てに関する研究, 2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.865-866, 九州工業大学, 2012年11月
  • 林照剛, 高谷裕浩, 道畑正岐: 位相シフトデジタルホログラフィを用いた光学部品屈折率計測システムの開発, 第9回日本機械学会生産加工・工作機械部門講演会講演論文集, pp.223-224, 秋田県立大学, 2012年
  • 道畑正岐: 修士からの留学体験, 精密工学会秋季大会, 九州工業大学, 2012年(解説記事)
  • 林照剛: 部門報告(加工計測), 日本機械学会誌, Vol.115, No.1125, pp. 580, 2012年
  • INTERMEASURE 2012 第 25回国際計量計測展 出展, 2012年
 

2020

  • 中西弘樹: 三浦賞, 日本機械学会, 2020年3月
 

2019

  • 中西弘樹: Best Article Award, 精密工学会誌, 2019年12月
  • 中西弘樹: OPJ優秀講演賞, 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2019, 2019年12月
  • 片岡 将磨: OPJ優秀講演賞, 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2019, 2019年12月
  • 上野原努: アドバンストベストプレゼンテーション賞, 2019年度精密工学会秋季大会, 2019年9月
  • Reza Aulia Rahman: ベストプレゼンテーション賞, 2019年度精密工学会秋季大会, 2019年9月
  • 張叢翔: ベストプレゼンテーション賞, 2019年度精密工学会秋季大会, 2019年9月
  • 中西弘樹: ベストプレゼンテーション賞, 2019年度精密工学会春季大会, 2019年3月
  • 上野原努: ベストプレゼンテーション賞, 2019年度精密工学会春季大会, 2019年3月
  • 高谷裕浩: ベストオーガナイザー賞, 2019年度精密工学会春季大会, 2019年3月
  • Ippei Takahashi: The Best Student of the Symposium Award, ISOT 2018, 2018年11月
  • 藤田寛之: ベストプレゼンテーション賞, 2018年度精密工学会春季大会, 2018年3月
 

2018

  • 上野原努: Best Article Award, 精密工学会誌, 2018年12月
  • 田口寛樹: ベストプレゼンテーション賞, 2018年度精密工学会春季大会, 2018年3月
 

2017

  • [助成金]上野原努: 公益財団法人工作機械技術振興財団「海外国際会議参加支援」採択
  • 丸野兼治: 研究論文「蛍光共焦点法による切削油膜付着工具刃先の磨耗形状計測に関する研究」, 公益財団法人マザック財団優秀論文賞, ヤマザキマザックマニュファクチャリング株式会社 美濃加茂製作所ワールドテクノロジーセンタ, 2017年5月23日
 

2016

  • Sho Onose, Masashi Takahashi, Yasuhiro Mizutani, Takeshi Yasui and Hirotsugu Yamamoto: “Single Pixel Imaging with a High-Frame-Rate LED Digital Signage”, Outstanding Poster Paper Award, Fukuoka International Congress Center, Fukuoka, Japan, 7 – 9 December, 2016
  • 篠崎充: タルボット効果を用いた3次元リソグラフィによる3次元ナノ構造形成法〜露光波面が加工形状に及ぼす影響〜, 若手優秀講演フェロー賞, 日本機械学会部門講演会, 11.2016
  •  山口悠希: 光放射圧プローブを用いた表面微細形状の評価技術に関する研究(4), ベストプレゼンテーション賞, 精密工学会秋季大会学術講演会, 9.2016
  • 山崎大地, 水谷康弘, 高谷裕浩: 光相関を用いた統計的アプローチによるサブμmサイズ欠陥検出技術に関する研究, Best Presentation Award, 日本機械学会関西学生会平成27年度学生員卒業研究発表講演会, 3.2016

 

2015

  • 旭真史, 表面増強ラマン分光法による水酸化フラーレンを用いたCu-CMPの化学反応プロセス解析-表面増強分光装置の検証-, 優秀講演賞, 2015年度砥粒加工学会学術講演会, 11.2015
  • Kenji Maruno, On–Machine Measurement of Cutting Tool Edge Profile by Detecting  Fluorescence from Cutting Fluid, BEST INNOVATION AWARD, 10.2015
  • 村井亮太: ボリグリセロール修飾ナノダイヤモンドを用いた銅膜の平坦化加工に関する研究, 砥粒加工学会賞論文賞, 砥粒加工学会誌, 3.2015
  • 下田俊樹: レーザー後方散乱パターンによる硝子マイクロクラックのインプロセス測定評価に関する研究, Best Presentation Award2014年度関西学生会学生員卒業研究発表講演会, 3.2015
  • 石崎佑樹: 蛍光偏光法を用いたナノ粒子粒径計測に関する研究(1)-蛍光DNAプローブを用いた回転拡散係数測定システムの開発-, 精密工学会沼田記念論文賞,精密工学会, 3.2015
  • 上田真一: 日本設計工学会武藤栄次賞優秀学生賞, 3.2015

 

2014

  • 高見昂亮: 分岐器で広がるぼくらの毎日, Best Article Award,精密工学会出版部会, 11.2014
  • 上野原努, フォトニックナノジェットを利用した表面微細加工技術に関する研究, 優秀講演賞, 2014年度砥粒加工学会学術講演会, 10.2014
  • 川嵜彬史: 微小球粒径計測に向けたWGM励起ファイバの作製に関する研究, ベストポスタープレゼンテーション賞, 2014年度関西地方定期学術講演会, 7.2014
  • Shin-Ichi Ueda, Masaki Michihata, Terutake Hayashi, Yasuhiro Takaya: Measurement of axial position of a microsphere using chromatic confocal system for probe system based on the laser traping with the standing wave scale, Best Student Paper Award,ISOT, 7.2014
  • 上野原努: フォトニック・ナノジェットを利用した微細加工に関する基礎研究, 工作機械技術振興賞(奨励賞), 6.2014
  • 上野原努: フォトニック・ナノジェットを利用した微細加工に関する基礎研究, Best Presentation Awarad, 3.2014
  • 丸野兼治: UV光励起蛍光による微細加工工具刃先の3次元機上計測に関する基礎研究, Best Presentation Award, 3.2014

 

2013

  • 村井亮太: ボリグリセロール修飾ナノダイヤモンドを用いた平坦化加工に関する研究, 優秀講演賞, 2013年度砥粒加工学会学術講演会, 11.2013
  • 福井彩乃: 蛍光検出によるマイクロトレンチ構造の3次元形状計測-垂直面から検出される蛍光信号特性-, ベストポスタープレゼンテーション賞, 2013年度精密工学会秋季大会学術講演会, 9.2013
  • 田代裕之: DNAの相補性を用いたマイクロ部品自律的組み立てに関する研究(2)-複数種のマイクロ部品の同時性位置決めに関する検討-, ベストポスタープレゼンテーション賞,2013年度精密工学会秋季大会学術講演会, 9.2013
  • TRAN PHONG DANG: 確率共鳴を利用した光干渉計によるマイクロ流れの微小屈折率変化の可視化(1)-光散乱を用いた微小屈折率変化計測原理の検証-, ベストポスタープレゼンテーション賞, 2013年度精密工学会秋季大会学術講演会, 9.2013
  • 高谷裕浩, 林照剛, 道端正岐, 大阪大学総長顕彰, 8.2013
  • 福井彩乃: 海外論文発表奨励賞, 生産技術振興協会, 5.2013
  • 足立篤: 日本機械学会畠山賞, 日本機械学会, 3.2013
  • 大島玄喜: 日本設計工学会武藤栄次賞優秀賞, 日本設計工学会, 3.2013
  • 足立篤: WGモード解析に基づくマイクロプローブの直径計測原理に関する研究, Best Presentation Award, 2012年度関西学生会学生員卒業研究発表講演会, 3.2013

 

2012

  • 石崎佑樹: 周波数領域蛍光法を用いたナノ粒子粒径計測に関する研究, 優秀講演賞,2012年度砥粒加工学会学術講演会, 11.2014
  • Yasuhiro TAKAYA, Masaki MICHIHATA, Terutake HAYASHI and Taisuke WASHITANI: Mode selection probing method of micro trench structure using optically trapped probe, ISOT’12 Best Paper Award,ISOT’12, 10.2012
  • 村井亮太: 水酸化フラーレンを用いた複合パターンCu-CMPに関する研究, Best Presentation Award, 2011年度関西学生会学生員卒業研究発表講演会, 3.2012

 

 

2020

  • [学生記事] 江崎隆, 並河峻佑ほか: 淡路島“ツーリング”紀行, 精密工学会誌, Vol. 86 No. 1, pp. 43-47, (2020)
 

2019

  • [解説記事] 水谷康弘: シングルピクセルイメージングの現状と応用展開, レーザー研究, Vol.47, No.5, (2019)
  • [学生記事] 中西弘樹ほか: 心揺さぶる音楽花火 ~伝統を彩る現代技術~, 精密工学会誌, Vol. 85 No. 6, pp. 507-511, (2019)
 

2018

  • [講演会] 水谷康弘: シングルピクセルイメージングとその応用戦略, 光とレーザーの科学技術フェア2018
  • [解説記事] 上野原努, 水谷康弘, 高谷裕浩: フォトニックナノジェットの微細表面創製への応用, トライボロジスト, Vol. 63, No. 10, pp. 684, (2018)
  • [学生記事] 上野原努ほか: 職人が削り出すプラモデルの美, 精密工学会誌, Vol. 84 No. 6, pp. 515-520, (2018)
 

2017

  • [解説記事] 高谷裕浩,上野原努,水谷康弘: フォトニックナノジェットを利用した表面微細加工に関する基礎研究,砥粒加工学会誌,Vol.61,No.4,pp179-182, (2017)